ブックスタート・セカンドブック事業の絵本等のお渡しについて

  • お知らせ
  • 全館
  • 2021年9月23日更新

 保健センター等で行う、乳幼児健診時に合わせて、3~4か月児を対象に絵本等をプレゼントするブックスタート事業につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、健康診査が病院等の個別健康診査の実施に変更になったことに伴い、図書館でお渡しします。
 また、3歳のお子さんに絵本等をプレゼントするセカンドブック事業につきましては、図書館が臨時休館をしていたため、配布期間を延長いたします。

1 ブックスタート事業

ブックスタートとは、赤ちゃんと保護者に絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡し、心ふれあうひとときを持つきっかけをつくる活動です。

以下のリンク先より、赤ちゃんが絵本を楽しむ様子が見られます。
「赤ちゃんと いっしょにえほん」(外部サイト/NPOブックスタート制作・公開動画)


NPOブックスタートロゴ


ブックスタートパック(本のタイトルは変更になることがございます)

【対象】 

 区内在住で令和2年3月以降に保健センター等の3~4か月児健康診査が受診できなかったお子さん

【配布方法】

 お子さんの母子健康手帳を持って、お近くの図書館にお越しください。
 
 5月以降に健康診査を受診予定の方には、保健センターからのお知らせに「引換券」を同封しておりますので、必要事項を記入してお持ちください。

【配布場所】

 区内全図書館 (リリオ亀有図書サービスカウンター、男女平等推進センター図書資料室は除きます)

 
ポスター画像

 

2 セカンドブック事業

葛飾区ではブックスタートに続く事業として2013年5月よりセカンドブック事業を実施しています。

3歳のお子さんを対象に図書館で絵本を手渡し、親子で絵本を通して心豊かな時間を持つことをおすすめしています。
3歳からは行動範囲や語彙が広がり、いろいろな絵本に出会える『読み聞かせ黄金期』です。この事業をきっかけに図書館で、いろいろな絵本と出会ってください。

【対象】

 区内在住の3歳児

【配布方法】

 保健センターからの3歳児健診のお知らせと一緒に「引換券」を送付しておりますので、必要事項を記入してお子さんの母子健康手帳とともにお持ちください。
 
 ★新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により図書館が臨時休館していたため、4歳のお誕生日を過ぎてもお渡ししています。

【配布場所】

 区内全図書館 (リリオ亀有図書サービスカウンター、男女平等推進センター図書資料室は除きます)

 
ポスター画像

 

【問い合わせ】