各図書館の施設案内

全図書館にある設備やサービス
入口スロープ、車椅子、耳マーク、筆談用ボード、老眼鏡、ルーペ、リーディングトラッカーのご用意があります。

中央図書館

中央図書館ハンディキャップサービスの設備案内はこちら

立石図書館

立石図書館ハンディキャップサービスの設備案内はこちら

  • 車椅子専用駐車スペース(1台分)
  • エレベーター
  • だれでもトイレ(オストメイト対応)
  • 拡大読書機

お花茶屋図書館

  • エレベーター
  • だれでもトイレ
  • ライト付きルーペのある机

上小松図書館

  • だれでもトイレ
  • 拡大鏡

亀有図書館

  • だれでもトイレ
  • ハンディキャップサービスコーナー

水元図書館

  • 駐車場(6台)
  • だれでもトイレ

鎌倉図書館

  • だれでもトイレ

四つ木地区図書館

  • だれでもトイレ

西水元地区図書館

  • だれでもトイレ(併設施設「あやめ園」にあり)

青戸地区図書館

  • エレベーター(地区センター内)
  • だれでもトイレ(地区センター内)

奥戸地区図書館

  • だれでもトイレ(オストメイト対応)

こすげ地区図書館

  • だれでもトイレ(オストメイト対応)

中央図書館ハンディキャップサービスの設備案内

中央図書館では、ご高齢の方や障害のある方が快適に利用できるように、ユニバーサルデザインを採用し、ITを活用した読書環境が整備されています。

案内図

音声案内・館内誘導

  • 点字案内図
    エレベーター側からの入口に、点字の館内案内図があります。

  • 誘導ブロック
    入口からメインカウンターまで敷設されています。
  • 音声案内システム
    エントランスやトイレの位置がわかるよう、ラジオ周波数【AM1620kHz】で受信できる音声案内をしています。
  • 文字情報システム
    館内のモニターに文字で館内情報をお知らせするほか、非常時には緊急情報が流れます。
  • 磁気ループ
    映画会や講演会等を開催する会議室には磁気ループが敷設してありますので、耳の遠い方でも、明瞭に聞き取ることが出来るようになっています。

読書支援機器

  • 資料情報読み上げ機
    ICタグのついた資料をアンテナ台に載せると、資料名や著者名等の内容を読み上げます。


    資料情報読み上げ機

ハンディキャップサービスコーナー

読書支援機器

  • 音声読書機・拡大読書機
    機械の上に本を置くと印刷された文章を読み上げ、画面で紙面を大きく表示します。


    音声読書機


    拡大読書機

ハンディキャップ対応パソコン

  • 文字拡大と読み上げができるパソコンを設置しています。


    ハンディキャップ対応パソコン

    他に、車椅子優先席があります。

その他の設備

  • だれでもトイレ
    館内に2か所あり、オストメイト対応でユニバーサルシートを備えています。
  • 対面朗読室
    視覚障害者のためにその家族やボランティアが、図書館資料等を朗読するための部屋があります。
    また、デイジー図書を聴くこともできます。事前に予約をしてください。
  • 立体コピー機
    視覚障害者向け支援機器として、視覚障害者本人のために立体コピー機があります。原稿と専用のカプセルペーパーをご持参いただきます。
  • ボランティア活動支援のための設備として、録音室・点字プリンターがあります。