★YAオススメ本

「YAオススメ本」では、各図書館のYAコーナー担当が毎月交代でオススメの本を紹介していきます。

気に入った本の書名をクリックするとその本の所蔵情報にリンクします。そこから予約が可能です。

2020年2月

『世界でいちばん素敵な百人一首の教室』

吉海(よしかい)直人(なおと)/監修 三才ブックス

オススメポイント

みなさんは学校で百人一首を習っていますか??
百人一首の大会は、漫画「ちはやふる」の題材にもなっています!

この本はとてもキレイな写真で、百人一首の
百の歌を紹介しています。

歌にはその人の思いが()められています。
(はる)彼方(かなた)の時代に生きていた、
百人それぞれの思いを感じてみませんか?


byお花茶屋図書館YA担当

『お面屋たまよし 〔1〕』

石川(いしかわ)宏千花(ひろちか)/著  平沢(ひらさわ)下戸(げこ)/画  講談社

オススメポイント


主人公は太良(たいら)甘楽(かんら)という二人の少年。

二人はお面つくり職人の師匠・仁王次(におうじ)のつくった面を
売りながら修行の旅をしています。

普段は狐や天狗などのお面を売っている二人ですが、
その(うわさ)を聞きつけたものだけが買える裏のお面「妖面(ようめん)」は、
限られた時間なりたい姿になれるという夢のような代物(しろもの)

ただし妖面には大きな秘密があり…。


お面をめぐる素敵で不思議な物語です。


by上小松図書館YA担当

真夜中(まよなか)本屋戦争(ほんやせんそう)

藤春 都(ふじはる みやこ)/著 フカヒレ/イラスト 白好出版 星雲社

オススメポイント

渡鍋 渉(わたなべ あゆむ)が新人アルバイトとして(やと)われたエキナカ書店は奇妙(きみょう)なお店だった!?書店に並んでいる本の主役達(織田(おだ) 信長(のぶなが)やシャーロックホームズ)が精霊(せいれい)となり、真夜中のエキナカ書店を舞台に平台(本の目立つ配置場所)を舞台(ぶたい)に、この場所を使う権利をかけて時代を超えた精霊(せいれい)たちが戦います!


平台は書店の中でも人目をたくさん引け、より多くのお客さんに自分の本を手に取ってもらえる場所!
そんな平台に自分が紹介(しょうかい)されている本を並べてもらい、より多くの人に自分のことを知ってもらうために精霊(せいれい)になった偉人(いじん)たちが(しのぎを削りあいます!何より面白いのはそんな小さな精霊(せいれい)たちの勝負や押し問答(もんどう)なんですが、主人公の渡鍋 渉(わたなべ あゆむ)とヒロインの竹河(たけかわ) 紫野(しの)恋模様(こいもよう)も気になります!

精霊(せいれい)たちの小競り合いもとても面白く、中高生の皆さんにもとても読みやすい一冊なのでオススメです!

by立石図書館YA 担当

今月のオススメリスト